冬キャンプツーリングに持って行ったものリスト

どうも!冬キャンプおばちゃんです!!

上の写真見ると交通整理してるおばちゃんにしか見えないよね(笑)

前回の記事で冬キャンプを楽しむために焚火台とメタルマッチを購入しました

さっそくキャンプしてきましたので、使ってみた感想と今回持って行ったもので冬キャンプは楽しめることがわかったので持ち物リストを作ることにします

またこれから行くたびに試行錯誤してボツになるものや新たに増えたりするかと思いますが、まずはこれって感じで見て頂けたらと思います

それでは、いきます!

今回持って行ったキャンプギアたち

それでは、今回持って行ったキャンプギアたちを紹介していきます!

今回買って初めて試したもの

焚火台

まずは焚火台!

今回これを目的にキャンプしに行ったと言っても過言ではありません

ファイヤースタンドというメッシュの上に薪を置いて燃やすといったものです

〇ポイント

  1. めっちゃ安い(¥2,000)
  2. メッシュなので2つに折ると灰を捨てるときに飛び散らない
  3. メッシュだけ別売りもしている
  4. 収納時、キャンピングシートバッグ2に入りきらない

使ってみてかなり使いやすくてこれは買って良かったです

ただ、ポイントの④にも挙げているようにキャンピングシートバッグ2に長いためそのままでは入りません

キャンピングシートバッグ2には横にチャックが付いていて拡張できるので、それをすれば入りますのでご安心を!

網も1回使っただけですが、全然破れなどはしていないので¥2,000でこれは買いですね

メタルマッチ

お次はメタルマッチ!

マグネシウムの棒をブレードでシュッと削って火花を起こして着火させるといったものです

〇ポイント

  1. 玄人感UP!
  2. 慣れるまで着火させるのが難しい

うん。

特に便利だから。といった理由はありません!(笑)

使っていると玄人感が出ますが、実際使ってみるとなかなか着火させるのが難しいことと、着火しやすいものの準備が必要

ぼくはこれからも玄人感出すために使い続けようと思います!(笑)

テント・シュラフ・マット類

お次は、冬キャンプに大事なシュラフやマットといったものを紹介します

テント

テントに関しては、いつも使っているものです(6年前から使い続けています)

テントの選び方の記事も書いているのでそちらもどうぞ

あなたに合うキャンツー用テントはこれだ!

ぼくが使っている後継モデルです

・入口は長手方向の両側
・前室はギリギリバーナーでの調理はできる
・吊り下げ式なので風強い日でも設営簡単

といった特徴です

参考にして頂ければ!

シュラフ

シュラフはモンベルの化繊の#3のものを持って行きました

最低気温が5℃前後でしたが、極暖ヒートテック上下にシャツとズボンという2枚だけでも快適に眠ることができました

(今思うとビールにワイン1本飲んでたからかも…笑)

シュラフに関しても選び方の記事がありますのでそちらもどうぞ

あなたに合うキャンツー用シュラフ(寝袋)はこれだ!

 真夏だと暑すぎるので使いませんが、使わなければいいだけなのでぼくはコイツしか持っていません

そしてぼくはシュラフと合わせてシュラフシーツも持って行っています

created by Rinker
ISUKA(イスカ)
¥3,911 (2020/07/11 20:07:19時点 Amazon調べ-詳細)

これがあればシュラフを使わないときはマットの上に敷いて使えるし、シュラフを使うときは防寒にもなる!

さらにシュラフやマットの汚れ防止にもなるので重宝しています

シーツは洗えば良いだけだしね

マット

マットはエアマットを使っています

エアマットだと地面からの距離をかなり取ることができ、さらにコンパクトになるので積載性も良し!ということで使っています

あまり冬キャンプはしないのですが、冬キャンプこそマットの真価がわかりますので、厚着して寝たくない方はエアマットが良いと思います

マットも選び方の記事書いてありますのでぜひ!

あなたに合うキャンツー用マットはこれだ!

その他・テントの外で使うもの

続いては、テントの外で使うもの(料理やイスといったもの)を一気に紹介します!

バーナー
created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥6,809 (2020/07/11 21:30:36時点 Amazon調べ-詳細)
ランタン
トーチ
created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥3,706 (2020/07/11 20:07:20時点 Amazon調べ-詳細)

この3つはコールマンで揃えていて、ガス缶が同じものが使えるので便利

トーチに関しては、メタルマッチで火起こしを早々諦めて使った(笑)

クッカー
created by Rinker
ユニフレーム(UNIFLAME)
¥10,880 (2020/07/11 21:30:37時点 Amazon調べ-詳細)

日本一周用で買ったもの

四角なので丸の隅のデッドスペースが無駄にならないことと、袋麺やサトウのごはんもそのまま入って便利

スキレット

スキレットはなぜか家にあったのでそれを持って行きました

最近ではダイソーで売っているそうなので、今度それを買って使ってみたいと思います

ホットサンドメーカー
created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥3,201 (2020/07/12 03:01:22時点 Amazon調べ-詳細)

一人暮らしでトースターが無く、キャンプするし丁度良いということで買ったもの

日本一周中もお世話になったし、挟んで焼くだけだから簡単に朝ごはんが作れてとても重宝しています

調味料入れ
created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥1,591 (2020/07/12 15:20:52時点 Amazon調べ-詳細)

調味料各種と卵を入れて行きました

しきりを自由にできるので卵の個室を作れるので割れることもなく持って行けました

キャンプメインということでスタメン入り!

クッキングツール
created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥3,280 (2020/07/12 15:20:53時点 Amazon調べ-詳細)

フライ返しやおたま、トングといったものはこれを持って行きました

これも一人暮らししてるときにキャンプしてるし丁度良い!ということで買ったもの

皆さんはおそらく家にあると思うので、特に買う必要は無いかも

ただ、キャンプメインだと料理凝りたくなるのでこういうものがあると料理の幅も広がって良き!

イス
created by Rinker
ヘリノックス(Helinox)
¥11,500 (2020/07/11 21:30:38時点 Amazon調べ-詳細)

言わずとしれたヘリノックスチェアー

軽い・コンパクト・高い

と3拍子揃ってます(笑)

テーブル

説明は不要でしょう!

みんな持ってる鹿番長のアルミロールテーブル!

また、ホムセン箱を積んでる方はそれをテーブル代わりにしても良いです

実際ぼくも次回はコイツはスタメン落ちさせてみてホムセン箱にしてみようと思ってます

ブランケット
created by Rinker
ISUKA(イスカ)
¥4,516 (2020/07/11 20:07:21時点 Amazon調べ-詳細)

ゆるキャンでいう秘密結社ブランケット

まとめ

いかがでしたでしょうか

こうやってみるとコールマンが多いなと我ながら思いました(笑)

それもそのはずでいつもアウトレットに行くたびにコールマンで買い物していたからです

Amazonよりも安い場合がほとんどなので近くにある方はそちらで買うのもオススメ!

 

冬キャンプは一度やってこれはハマる!!と思いました

これから薪ストーブをテントの中でやるスタイル、しかもコットで寝るという冬キャンプの理想を叶えるべくこれからはたくさん”キャンプをしに”行こうと思います!

 

皆さんのオススメのキャンプ用品とかワザがあればどしどしコメントを!

全部試してみます!(笑)

 

それでは、また!!

1.キャンツーの準備はOK?→ キャンプツーリングこれだけは持って行け!キャンプ用品10選
2.ホムセン箱の積載はマジで病みつき!→
ホムセン箱をバイクに積もう!
3.これ見たらテントに迷う必要なし!→あなたに合うキャンツー用テントはこれだ!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。