キャンプ場レビュー:若洲公園/東京都

この前若洲公園でキャンプをしてきたので、キャンプ場のレビューをしていきます

ライダーだとキャンプ場で気になる項目って

  1. 乗り入れできんの?
  2. 値段は?
  3. お風呂は近くにあんの?
  4. 買い出しはどこですんの?
  5. 直火はOK?
  6. ゴミステーションはあんの?

の6項目が気になるポイントだと思うので、そこらへんを重点的にレビューしていきます

それでは、いきます!

若洲公園キャンプ場とは?

まずは若洲公園がどんなところなのかを説明します

若洲公園キャンプ場は後ろに見える東京ゲートブリッジにほど近い場所にある公園

若洲公園にはキャンプ場や、風力発電の風車やちょっとした遊具がある大きな公園、海釣り施設があります

隣には若洲海浜公園というものが併設されており、ここではゴルフ場や打ちっぱなし、ヨットの訓練場等があります

公園内に色々遊ぶ場所もあるので、キャンプ場から車で移動しなくても1日遊ぶことができそうです

最近では、METROCKなるフェスが開催されているらしく、入口にも大きな看板がありました(写真撮るの忘れた笑)

予約について

予約は行きたい日の3か月前の1日9時から電話で先着順になっています

例:8月15日に使いたい場合、3か月前の5月で日にちは1日の9時から受付開始

 

ぼくは平日に行ったので空いていましたが、土日は冬でも埋まっている場合があるので、平日以外は割と激戦となっています

若洲公園キャンプ場オフィシャルサイトへ

キャンプ場の気になる項目について

続いては最初に書いた気になる項目について1つ1つみていきましょう!

乗り入れできんの?

バイクの乗り入れは、できません!(ただし自転車はOK)

ちょっと残念…

しかし、こういったリヤカーが駐輪場近くにあり、自由に使えるので特に荷物を運ぶしんどさはありませんのでご安心を!

値段は?

次に値段に関してですが、1泊600円です!

都心でキャンプできてこの値段はなかなかお得ですよね

デイキャンプもできますので、以下に表でまとめますね

デイキャンプ
(日帰り)

大人:300円
小人:150円
1泊2日 大人:600円
小人:300円
以降1泊毎に 大人:300円追加
小人:150円追加

(大人:15歳以上、小人:小中学生)

受付時間は10:15~16:00

チェックアウトは10時まで(デイキャンプは21時まで)

 

ちょっと注目して欲しいのはデイキャンプが21時までOKなところ!

これ、サラリーマンの方でも平日午後休とか早上がりしてそのままエクストリーム退社からの21時まで焚火とかできますよ!

さらに、キャンプのチェックアウトを伸ばしたい場合は、デイキャンプと併用すれば、600円+300円の900円かかりますが、翌日の21時まで楽しむこともできます

すごいこの制度便利で、ファミキャンとかであれば、次の日も公園とかで目一杯遊んでから撤収して帰宅できる!

それで1人1000円未満だからお得!

お風呂近くにあんの?

若洲公園キャンプ場には、コインシャワーはありますがお風呂はありません

コインシャワーは5分:300円と割高

近くに温泉といえば、お台場にある大江戸温泉物語があるのでそっちに行っても良いかもしれません

買い出しはどこですんの?

買い出しはイオン東雲店がキャンプ場から7.7km離れた場所にあります

また、キャンプ場にはBBQ用の食材が売っていたりしますが要予約が必要なので、事前に買って行くか予約をすることをオススメします

薪や炭はキャンプ場に売っていますので、ご安心を!

直火はOK?

直火に関してはNG!

焚火台を持って行くようにしましょう!

ただ、かまどが38台もキャンプ場内にあるので、そちらを使っても良いかも

ゴミステーションはあるの?

ゴミに関しては基本的にすべて持ち帰りです

灰は捨てる場所があります

また、ペットボトルや缶については、公園内の自動販売機で買ったものに限り捨てることができます

忘れずにゴミ袋は持って行くようにしましょう!

キャンプ場を使ってみての感想

最後に、若洲公園キャンプ場を使ってみての感想を言いたいと思います

①自分が泊まるサイトに関して

宿泊するサイトはすべて決められており、場所を指定することはできません

ぼくのときのサイトは一番奥でおそらくソロキャンパー、かつタープ無しだと一番奥のサイトになっているのではと思います(区画が狭い)

ただ上にも書いたようにリヤカーを貸してもらえるのでそこまで気にはならなかったです

空いていたからか他の利用者と距離も取ってくれていました

②トイレに関して

トイレはキャンプ場内に4つほどもあり、どれもキレイでとてもGOOD!

③騒音について

近くに東京ゲートブリッジがあり、この道はトラックがひっきりなしに通っています

夜中も走っているのでとても静か。というわけではありません

また、夜中になると走り屋が集まるのかとてもうるさい音の車やバイクが来たりしました

なので気になる方は耳栓が必要かなと思います

④その他

都会から少ししか離れていないので、夜になると東京ゲートブリッジをはじめ、お台場あたりの夜景を見ることができます

キャンプ場だと星空とかですが、ココではキャンプをしながら夜景を楽しむことができます

少し不思議な気分でした

最後に

若洲公園キャンプ場は値段も安く都心から近いのでいつもとは違ったキャンプを楽しむことができました

値段も安いのでこれからヘビーユーザーになりそうです(笑)

こういった場所はとても貴重ですので、皆さんのマナーが大事になってきます

いつまでも使えるよう皆でマナーを守り、利用者全員が気持ちよくキャンプを楽しめるようにしましょう!

 

ぼくが若洲公園でキャンプしたときの動画です!

よかったら見て頂けたらと思います!

それでは、また!

1.キャンツーの準備はOK?→ キャンプツーリングこれだけは持って行け!キャンプ用品10選
2.ホムセン箱の積載はマジで病みつき!→
ホムセン箱をバイクに積もう!
3.これ見たらテントに迷う必要なし!→あなたに合うキャンツー用テントはこれだ!

冬キャンプツーリングに持って行ったものリスト

キャンプ場レビュー:農村公園/北海道

関連記事

  1. キャンプレビュー:望洋台キャンプ場/北海道

    今回のキャンプ場レビューは!北海道の小平町にある望洋台キャンプ場!ここの…

  2. 中川町森林公園キャンプ場/北海道:キャンプ場レビ…

    どうも!まっとーです!今回紹介するキャンプ場は!北海道にある中川町森林…

  3. 霧多布岬キャンプ場/北海道:キャンプ場レビュー

    どうも!まっとーです!! 今回紹介するキャンプ場は霧多布(きりたっぷ)岬…

  4. キャンプ場レビュー:橘ふれあい公園/千葉県

    今回のキャンプ場は千葉県の香取市にある橘ふれあい公園!溜め池が近くにあっ…

  5. キャンプ場レビュー:呼人浦キャンプ場/北海道

    今回のキャンプ場は北海道の網走湖畔にある呼人浦キャンプ場!湖畔にテント張れ…

  6. キャンプ場レビュー:天塩川リバーサイドパーク/北…

    どうも!まっとーです!! 今回紹介するキャンプ場は北海道の音威子府村にあ…

  7. 緑ヶ丘森林公園キャンプ場/北海道:キャンプ場レビ…

    どうも!昨日北海道のこと考えすぎて埼玉のセイコーマートへ行ったんですが、そし…

  8. キャンプ場レビュー:農村公園/北海道

    今回のキャンプ場レビューは!北海道の道南にある農村公園!北海道には無料キ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PICK UP

PAGE TOP